NEWS

2021年産「小田原産みかん」の販売がスタート!

小田原の温暖な気候の中で、太陽の光をたっぷり浴びて育った元気なみかんです。小田原市では江戸時代からみかんの栽培が行われてきましたが、生産量が少ないため、なかなか市場で見かけることがありません。しかしながら、相模湾に面した傾斜地という、日光の恵みを受けやすい地形と温暖な気候が相まって、品質の高いみかんが出来上がります。

この豊かな土壌を活かし、山川食品株式会社では、みかんを無農薬栽培で丁寧に育て上げました。同社4代目の椎野徳之さんが考えるおいしいみかんの条件は、「甘味・コク・酸味の3つのバランス」が整っていること。毎年このみかんを購入されるお客様からは「味が濃くておいしい」「昔食べたみかんのような、こういうみかんが食べたかった」「毎日食べても食べ飽きない味」と評判です。ぜひこの希少な、おいしいみかんを味わってみてください。